水道修理の前に水栓をチェックする

水まわりの色々なトラブルに関連している重要な部分は蛇口付近です。家の中で使われる蛇口は様々なものがあります。毎日蛇口をひねっているため、消耗部が弱くなっていることが考えられます。止水栓付近のトラブルも起こりやすい部分の一つです。消耗部の問題なら、部品交換だけで済むかもしれません。よく観察して業者に依頼するかどうか判断できます。

■水栓の周りをチェックする

家の中で水を使っている場所は色々あります。例えば、キッチンでは流し台で毎日水を使います。知らない間に水漏れがある場合、水道 修理が必要です。キッチンなら単純な構造の単水栓や、レバーを上げたり下げたりして水の量を調節したり、温度も調整できるシングルレバー混合栓があります。水栓付近からポタポタが落ちている可能性も考えます。
キッチンの流し台の下の収納スペースのところに止水栓などがあります。その周りを観察して床に水たまりができていたり、床全体が濡れているようなら水漏れが考えられます。

■トラブルが解決しないときは

水道 修理をどこまで行うかは、素人には分からないものです。水漏れが配管部や水栓付近から起こっているなら、経年劣化によるものかもしれません。蛇口の接続部には普通何種類ものパッキンが使われていますが、摩耗するためそこから水漏れしていることがあります。止水栓付近もボルトのゆるみやパッキンの摩耗から、修理が必要な状況になっているかもしれません。ある程度目視で分かることを、修理業者に伝えて対応してもらうことを考えます。

■まとめ
水栓付近の水漏れ、止水栓付近の水漏れの状態、量などをよく見ておきます。そのうえで水道 修理を依頼できます。状況をなるべく丁寧に正確に伝えると修理もしやすくなります。パッキンの交換で解決するかもしれませんし、蛇口全体の交換が必要かもしれません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ