給湯器の水道修理を行う

いつも利用するお湯は、主にバスルームやキッチンで使っていることが多いでしょう。お湯を沸かすために給湯器を利用しているという人もいます。水が出なくなったり、水漏れが起こると大変です。初期症状をチェックし対策を練ることが大切です。

■給湯器付近で問題が発生したら

給湯器の寿命は、メーカーにもよりますが大体8年から10年程度といわれています。家族の人数やどれくらいの頻度で使うかによって異なりますが、8年以上過ぎたものならちょっと注意しておくことができます。水のトラブルとして、給湯器付近から水漏れするということがあります。どこから水が落ちているかよく観察します。止水栓から水が落ちているようなら、水抜きという機能が作動しているので特に問題がない場合もあります。水の量がどれくらいかもチェックしておきます。

■修理を考える

しばらく観察しても水漏れが解消しないということがあります。給湯器の取り扱い説明書があれば、エラー時の他の要因も検討します。リモコンを使っているなら、電池交換をしてみて様子をチェックすることもできます。自分では分からないことも多いため、修理を依頼する方法がおすすめです。
水漏れを放っておくと配管の破裂や、水道の修理という大きな水のトラブルへつながるかもしれません。心配なことがあれば、業者に早めに相談することが重要です。給湯器のメーカーのホームページを探しておき、インターネットから水道についてのトラブルの内容を読んでおくことも有効です。

■まとめ
給湯器も毎日利用する大切な機械なので、丁寧に使いたいものです。水のトラブルが大きくなる前に、修理を考えます。水漏れが起こったときはどこからなのか、じっくり見て確認することが大切です。すぐ止まるものもあり、水漏れが続く時もあります。電話などで気になることを業者に相談するのも良い方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ