配管トラブルを解決するために水道修理をする

普段あまり意識していませんが、水回りを利用するのに欠かせない配管工事はとても大切な工事です。蛇口から水がきちんと出て、快適な生活を行うためには配管がしっかり接続されていないといけません。見えないところの施工ですが、見落としがあると水漏れなどのトラブルにもつながります。せっかくの新築の床が水浸し、ということにもなりかねません。修理が必要ならすぐに依頼します。

■2種類の工事とは

家を新築する場合はもちろん、リフォーム工事などでも水道の配管工事が必要です。今まで水を使っていなかった部屋にトイレを増設したいというような場合、新しい配管が必要です。
工事には、給水管引込工事と屋内配管工事があります。水道本管から新築の家の床下に水道を引き込む施工が、給水管引込工事です。そのあと、家の内部の蛇口までの工事を行います。家の中で起こるトラブル、水漏れなどは主にこの屋内配管部が原因です。自分たちで床下をチェックするわけにはいかないので、専門の業者に依頼が必要です。

■配管トラブルが起こったら

配管の接続部から水漏れが起こることがあります。水漏れ 修理を行える業者に連絡し、早めに修理を行ってもらいます。施工店に連絡して状況を正確に説明する必要があります。日常的に起こるトラブルではないので、日ごろから少し情報を集めておくと安心です。水漏れの量や場所にもよりますが、どれくらいの費用が必要なのか、修理にどれくらいの日数がかかるのかなど、インターネットで調査することもできます。

■まとめ
水漏れ 修理はスピードが大切です。目に見えない部分だからこそ、放っておくのではなく業者にすぐ連絡することが肝心です。屋内配管の修理ができる業者をピックアップして状況を伝えます。急いでいるので見落としがちですが、どれくらい待てば来てくれるか、費用はどれくらいかも電話で聞いておくと安心できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ